新着情報

(投稿No.0029)日本史問題<7月第1週号の答え>

今回の問題は、こちらでした。
 
 
【問題①】743年聖武天皇の計らいにより建立されたお寺。大仏(盧舎那仏)があるお寺の名前は何でしょう?
 
 
【問題②】このお寺の屋根を支える梁に関する問題です。このお寺は戦いの影響を受けて何度か焼失し、再建されています。その中でも戦後時代(1567年)に焼失し、江戸時代に再建されて今のかたちがあるのですが、その時お寺の屋根を支える大きな梁(はり)を探すのに10数年の月日がかかりました。それは奈良県より遠い場所で2本のアカマツの大木を見付けたものです。では現在のどこの都道府県で見つけたアカマツを梁としていまも使用しているでしょうか??
 
 
 
答えはこちらです。
 
【問題①】東大寺
 
743年聖武天皇の計らいによって建立されました。
東大寺にある大仏(盧舎那仏)は、聖武天皇が当時仏教の教えの中で、政治の中心思想にしていました
『華厳経(けごんきょう)』を参考にお釈迦さまの身長の10倍のものを建立することで無限大の宇宙の中心を築くことができると
確信し建立されました。
 
 
【問題②】鹿児島県
東大寺の屋根を支える2本のアカマツは鹿児島県から運びこまれました。
運びこむまでには、途中瀬戸内海を通り、海に濡らさないように運ぶなど、多くの人手があって成功した事業のようです。
昭和にその梁を支えるために鉄筋を追加していますが、今も本体は残っています。
東大寺に足を運んだ際には、大仏と共に屋根の梁のアカマツも眺めると面白味が増します。
 
 
500_39441138.jpg
 
今回は以上です。
(前号の問題はこちらからご確認できます。)
もう1度学びたい「大人のための日本史講座」(高校基礎レベル)
 
・講座は、毎月第2日曜日;13:00~14:30で行っております。
・7月10日(日)の講座内容は、奈良時代の日本です。
・お試し体験学習は、1,000円 で受講が可能です。

【お試し学習のご予約またご相談はこちら】

http://www.gakujyuku.jp/gakujyuku_taiken(お試し体験受講の申し込みページ)


・住所:中央区渡辺通り2丁目4-8 小学館ビル5F
【お試し学習のご予約またご相談はこちら】
・TEL:092-534-6680 (ラグズ 廣江まで)
・Mail:o.gakujyuku@gmail.com
以上です。
 
 
2016/07/04   天野 貴文

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 092-534-8011

受付時間:平日
10:00〜18:30(ラグズ廣江まで)

FAX 092-534-8015

受付時間
24時間受付